そもそもフリーローンとは何のこと?

フリーローンとは、文字通り使い道がフリー(自由)であるローンということです。

 

つまり、融資されたお金を何に使っても良い、というローンなのです。

 

例えば、教育ローンや住宅ローンなどは、使途が住宅費、教育費と限定されているものです。返済計画を立てて、返済をする際には利息が発生しますが、借入れと言っても本人に現金が手渡されることはありません。全て直接不動産や、教育機関に支払われるようになっているのです。

 

 

これに比べてフリーローンというのは、個人を対象にしているものです。借りた本人が現金を手にして、何に使っても良いということになるのです。しかしお金を借りたのですから、当然返済をするには利子を付ける必要があるのです。

 

フリーローンは大変便利ですが、金利が高いのが特徴です。最高年利は平均で15〜18%で、住宅ローンや教育ローンの年利と比べルと2倍以上となっています。

 

しかし毎日の生活でいつまとまったお金が必要になるか分かりません。急な冠婚葬祭や、自分や家族の入院費用など、万が一の時には非常に頼れるサービスなのです。

 

フリーローンの注意しなければならないポイント

 

しかしそんな便利なフリーローンにも幾つかデメリットがあります。

 

 

それは、人間のメンタル面が麻痺してしまうということです。自由に使える現金が手元にあると、それが借りたものであるということを忘れて、自分のお金であると思いこんでしまう人も多くいます。

 

しかも自分で稼いだお金も使ってしまい、気が付けば返済期日になり、別の金融機関から借りて返済に充てる、という自転車操業をするおうになってしまうのです。

 

一度多重債務状態になると、悪循環により抜け出せなくなってしまいます。仕事を増やし、疲労やストレスから病気になってしまう人もいるのです。

 

フリーローンを上手に使いこなしていくためには、まず自分の生活レベルを知ることです。次に本当に必要な金額は幾らなのかを算出して、充分な返済計画を立ててから利用しましょう。